薬剤師転職をした結果について

あらゆる働き先がある

一口に薬剤師と言っても、定番ともいえる調剤薬局に始まり、ドラッグストアやクリニック、その他にもあらゆる働き先があるので将来なりたい薬剤師と向いている薬剤師とでは違いがあるということも珍しくはないので、自分の適性を知るようにしておくべきだと感じ、自己分析にも力を入れるようになったのが良かったのかなと、後々になって感じています。
キャリアプランを考えると同時に、キャリアアップのためにどうすれば良いかも考え実行に移さなければ成長することはできないので気をつけなくてはならないし、いくら夢や理想を語っていてもそのためには行動を起こさなければ何も変わらないことは間違いないはと、転職活動をしている中で実感できました。
将来の役に立ちそうな資格を取得するのか思い切って転職するのか、手段が多いからこそよく考えることと、思い切りが大切だと思います。
同じ職場で働いていても環境は変わらないし、新たなことを学べなかったり自分にとって適している環境ではないと感じたので、転職するという選択肢を取ることに決めました。
どんな場所が自分には最適な働き先なのかなと考えた結果、キャリアアップに対して積極的であり、サポート体制も充実している先に転職することで理想としている将来の薬剤師像に近づいていくことができると思いました。
キャリアアップに役立つ資格も豊富にあるからこそ、自分の将来に役立つ資格を見極めることも大切になってくることは確と言えるし、そのためには最適な働き先を見つけなければと思い薬剤師専門の転職サイトに登録し、新たな働き先を見つけるためにアドバイザーにも相談しました。

薬剤師転職を考えるようになりましたあらゆる働き先があるどんな働き先を自分が求めているのか